season3 第8話 パパは名判事? Divorce Court

season3 第8話 パパは名判事? Divorce Court

中学生になったD.J.はそろそろプライバシーが欲しくなり、何かとつきまとうステフをうるさく思い始める。ついにケンカになり、ステフは子ども部屋からミシェルの部屋に引っ越してしまう。これを解決しようとパパたちは、ダニー判事のもと、両者の代理人 ジョーイ弁護士、ジェシー弁護士となって家族裁判を開く。

サブキャラクター
ジミー(ステフの友達)
ウォルター(ステフの友達。「暴力より愛が好きなんだ」)
モニカ(D.J.の友達)
キミー
キャシーサントニ(名前のみ。D.J.はキャシーサントニのパーティーに招待されている)
おはようサンフランシスコのスタッフ(2名。ダニー達の中継にくる)

ポイント
OP前のストーリーは、歌を教えてやるというジェシー。しかし、指パッチンが気になるミシェル。子供にはちょいと無理だなとジェシー。しかしすぐにミシェルが成功。「やるねぇ」

キミー「私の後に子作り辞めてくれてよかったよ」。つまり弟も妹もいない設定。
ハロウィンの仮想大会。ステフは、バットマンかワンダーウーマンか忍者タートルを考えている。
ジョーイとダニーとミシェルで庭でホッケーごっこ。「ぎゃおー」とミシェルがカワイイ。ダニーの股の下を通り抜けてミシェルがシュート!
ダニーは陸上部。ジョーイはフットボールとバスケ部。ジェシーはコーラス部だった。
スポーツ勝負は、明朝8時トラックで400メートル走。
ミシェルの部屋で寝るステフ。後にセサミ街の悪夢という。「ミシェルと一緒にいたらおかしくなっちゃう」
ミシェルはステフに対して「おっけーぼしゅ」という。その後「あたしがぼしゅ!」
マラソン対決の前のジョーイ。「炭酸ガスは外。酸素は内」。勝負は写真判定の結果鼻の差でダニーの勝ち。season7 第20話 女の意地にかけて Michelle a la Cartにも似たシーンがある。
ジョーイが勝ったらビッグバードと花嫁人形の衣装を二人に着せる予定。(すでに衣裳を借りている)
D.J.「振り向くと必ずいるのよね。スパイ5・6人と同居してる気分」(ステフのこと)
ステフはライオンのスリッパ。

規則第一条(D.J.とステフの取り決め)
人のモノに触らない

D.J.とステフの言い合い
ステフ「お姉ちゃんいつになったら謝る気になるだろうね」(クマタロウと話す)
D.J.「その木偶の棒が本当に口きいたらね」
ステフ「代わりにいってやるからね。超ムカつく!」
そして、グビグビと音を立ててミルクを飲むステフ。
ステフ「んんんん」
D.J.「そのグビグビってのやめてくれない?」
ステフ「あら気になる?じゃあ続ける」
(D.J.を怒らせるのがうまいステフ)

D.J.とステフに対して
ジェシー「5歳違いはそのうち変わらなくなるもんさ」
ジョーイ「きっといつかきっと姉妹がいてよかったと思うときがくるよ」
そしてフラーハウスへ・・・

(D.J.と一緒にいたがるステフに)
ステフ「おねえちゃんみたいになりたいから。頭良いし綺麗だし、カッコいい。妹ならみんなそう思うよ」
D.J.「ルームメイトは欲しくないけど、一緒にいなきゃなんないならやっぱりあんた(ステフ)が一番いいかな」

ジョーイのモノマネ
ミッミッ(ロードランナー)

仮装
ステフ・・・バットマン
D.J.・・・ジョーカー
ミシェル・・・キャットウーマン。「にゃーお」
ジェシー&ジョーイ・・・花嫁人形

音楽


Mack the Knife
ジェシーがOP前に歌っていた曲


キッズ・クリスマス・ソング Vol. 4 /ジングルベル
OP前のストーリーでミシェルが歌った曲


On The Good Ship Lollipop
On The Good Ship Lollipop Shirley Temple with Chorus
ジェシーとジョーイが花嫁人形に仮装して歌っている曲

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする