season3 第11話 ステフの不安な夜 Aftershocks

season3 第11話 ステフの不安な夜 Aftershocks

サンフランシスコで大きな地震が起こる。それ以来、ステフは片時もダニーの元を離れようとせず、外出もままならなくなる。ダニーは内心嬉しいが、ジェシーとジョーイはステフの行動に異常を感じ、カウンセラーに相談に行くように勧める。

サブキャラクター
サンタクロース婦人(D.J.の役。62歳のおばあさん。クリスマスにやる劇)
モミの木(キミーの役)
ベンジー(D.J.のこと。ジョーイが呼び止める)
前の患者の子(学校にいきたくなったらしい)
スタイナー先生(ステフのカウンセラー)

ポイント
OP前のストーリーは、ティーポットの歌がある。ミシェルの振り付けつき。

地震回。ダニーを心配するステフは、ダニーに付きっ切り。
キミーの部屋も地震で損かいしたので、タナー家へ2日もお泊り。修復が済んだ翌日にタナー家へ連絡。みんなに嫌われるキミー。しかし、今回だけはミシェルが「キミー帰っちゃだめ」と訴える。「キミーちゃんにもう一度泊まってほしいの?」と聞くと「そう」と答えるミシェル。ジェシーとジョーイはキミーの後ろからダメダメと手を振ると、ミシェルもそれを真似するしぐさがカワイイ。結局もう一泊するキミー。
ダニーの部屋が登場。おさるのバケツというおもちゃで遊ぶステフとミシェルとダニー。おさるはミシェルがキスをしたので「しー、おしゃるさんもうねちゃった」とひそひそ話すミシェル。
D.J.にニキビができた。「赤ニキビ、みんなでふきだしゃ、怖くない」
ダニーはいびきがすごい。
ステフがいつもと違うのでダニー達が心配。「専門家に相談してみたら?」とジェシー。「赤の他人に頼むのか?」と躊躇するダニー。「ステフのために何でもしたいって言えばいいんだ。あの子を愛してるからって」とジェシーがアドバイス。
ダニーはみんなが宇宙飛行士になりたがっていた時に、メイドになりたかった。
ステフが悩みを打ち明けてくれないなんてのははじめて。

地震を怖がるステフ
(ゴミ収集車の音を地震と勘違いしたステフがD.J.のベッドを揺らしながら)
ステフ「おねえちゃん、ほらまたゆれてるよ」
D.J.「あたりまえでしょ、あんたがゆすってるからよ」

日本が話題に?
ステフ「世界一頭がいいんだもん」
ダニー「もっと利口な人はいるさ。例えば日本とかにね」
ジェシー&ジョーイ「うそー!」

その後、ジェシー達にダニーが「世界一頭がよくてハンサムなんだってさ」というと、「ハンサムなんていった?」とジェシーから突っ込みが。

ステフのクイズ
Q.海に住んでてすっごくエッチな魚はなあに?
A.キス

家族の絵について
ジョーイおじさん・・・ほうれん草を持っている
ジェシーおじさん・・・くちびるまげてる(プレスリーが好き)
お姉ちゃんのD.J.・・・出来立てのニキビ
妹のミシェルと犬のコメット

ギザギザの線・・・壁のひび。地震でできた
パパ・・・お家の外にいる。帰るのが遅かったから

気になるところ
ダニーの部屋での出来事。ステフがおさるのおもちゃで遊んでいるシーンと、その後ミシェルがダニーによく振るんだといわれてお尻をフリフリした後のシーンでは、テレビの向きが変わっている。
前では、テレビは台とはずれていたのに、後では台に正しくのっている。
その後、ダニーとステフが会話したあと、ステフが立ち上がった時にまたテレビの向きが台とずれている。

音楽

I am a little Teapot
(この曲?)
ティーポット・ブルース/ギター:ジェシー ハーモニカ:ジョーイ
あたしゃティーポット ちょいとふとめ
とってはここで  お口はここよ
沸騰したら あなたを呼ぶはすぐにわたしを抱いて注いで
ロックンロール!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする