season2 第1話 ジェシーの断髪式 Cutting It Close

season2 第1話 ジェシーの断髪式 Cutting It Close

美容院ごっこをしていたステフは、あやまってジェシーの髪を切ってしまう。自慢の長髪を台無しにされたジェシーは、しかたなく短い髪型にするのだが、これが気に入らずにイライライし、両手骨折のバイク事故を起してしまう。責任を感じたステフはジェシーに嫌われていると思い落ち込む。

サブキャラクター
ジョセフィーナ(ジョーイのこと。ビューティーステファニーでジェシーが呼んだ)
アレハンドロ(ジェシーの髪をいじってもいいのは名人のアレハンドロだけ。しかし、その後のカットには納得していないジェシー)
エミリー(ステフの女の子の人形)
ロンダ(看護婦。ジェシーを家までつれてきた)
ピーウィー・ハーマン(会話上のみ。ジェシーのショートヘアーをみてジョーイ曰く「ピーウィー・ハーマンの銀行員バージョンかな?」)

ポイント
OP前のストーリーは、ミシェルが「何か」ができるようになったとジョーイ。みんなで手をつないでぐるぐる回るが、ミシェルはベロを出してからかうだけ。謎だ。

ビューティーステファニーの回。
するんだよ、するんです、するんだもーん、の3段活用と「へ」の字口でジェシーを誘うステフ。しかし今回はそれは通用せず、いじけたステフ。「あぁ~」
ステフは6歳で小学1年生。
ロックンロールの決まりその1「親が死んでものってるシンガーを邪魔するな」
土曜日にロジャーラビットの新ネタをやる予定のジョーイ。「お願いだよ、ジェシー。プププ、プリーズ」
「あんたなんてことしたのよ!」とD.J.がステフに4回もいう。ステフ「何回も同じこといわないでよ・・・」
82歳まで一歩も出ないというステフ。
髪型に納得できないジェシー、タイヤの交換を見落として事故って両腕骨折。
ジョーイのシャツはゼッケン3。
キッチンでジェシーが一人で食事をするときに変な顔をするミシェル。ピンクのアヒルの前掛けをしている。髪はピンクのゴムをつけている。
ステフが書ける言葉。犬、猫、木、ステファニー、ベイビー。
ジェシーは16歳からずっと同じ髪型だった。
ステフに対してとげのある言い方をするジェシー。
掃除機をハンディクリーナーで掃除するダニー。

ミシェルがテーブルの本を下に落とした時の並べ方
1番下は、一番大きいローリングストーン
次に同じ大きさの、ピープル、スポーツ、タイム
最後に一番上にTVガイド
それを観ていたジョーイ。
「ダニー、そんな純粋な人間を神経質なくそまじめ人間にしようとするなんて、僕はおそれるね」

お皿洗ったD.J.
大皿・中皿・小皿・コップは色と大きさ別に分ける

ミシェル語だと・・
バナナ・・・ナナちゃん(ジェシー曰く)

ジェシー劇場
(オートボート食べようとするジェシー)
冷蔵庫の上のオートボート(シリアル)を箒でおとす
長いフォークをもってシリアルの箱にさしテーブルへ運ぶ
棚からボールを口でひっぱり、頭にかぶってテーブルまで移動
ボールにオートボートをいれる
(ダニーが牛乳をもってくる)
ボールに牛乳をいれる
バナナの房を軽くゆすって1本とる
テーブルにバナナをおいて、ころころでバナナの中身をだす
椅子の上においていたボールの上におちるバナナ
長いスプーンをもってシリアルをたべようとする
スプーンがくちにとどかないので、顔めがけて投げる
顔をボールにつっこんでたべる

ヘルプ劇場
D.J.に歯磨きをしてもらうジェシー
D.J.に毛布を掛けてもらう
D.J.、ダニー、ジョーイにベッドから起こしてもらう
ジョーイに髭剃りクリームを塗られる(髪の毛にもクリームをかけられる)
ダニーとジョーイにシャツを着せてもらう
切手を貼るのを手伝う(ミシェルに切手を舐めさせる)
D.J.に食べさせてもらう
D.J.とギターを弾く
(※D.J.が一番働いている!?)

ステフを慰めるダニー
ダニー「お前がわざとやったことじゃないことはおじさんもわかってるさ」

しかし、戻って来たジェシーの言葉がさらにステフを追い詰める
ジェシー「ビューティーステファニーでカットされたおかげで美容院へいったら、ひでえできでさ。あたまきたからバイクすっとばしたんだ。かっかしてたから見落としてたんだな。タイヤがすり減って交換しろって表示を。バイクはぶっ壊れるし、気が付いたら袖がコンクリートよ」

謝るステフ。しかし・・・
ステフ「ごめんなさい、おじさん。全部私がわるいのよ」
ダニー「全部じゃないよな?ジェシー」
ジェシー「全部じゃないけど」
ダニー「引っかかる言い方だな」

ステフの風が吹けば桶屋が儲かる的な理論
D.J.「このこおじさんの手伝いしないのよ」
ダニー「ステフほんとか?」
ステフ「またうでおっちゃうもん。またおじさんにけがさせたくないもん」
D.J.「腕折ったのはあんたのせいじゃないでしょ?」
ステフ「わたしがおじさんの髪をきったからバイクで怪我をしてうでをおっちゃったんだもん。おじさんぜったいわたしのこと怒ってる」

再び慰めるダニー
ダニー「ステフ、そう自分を疫病神みたいにいっちゃいけないよ」
ステフ「疫病神?それどころか私は死神よ!」

機嫌の悪いジェシーに近づけないステフ
ジェシー「ステファニー」
ステフ「はい」
ジェシー「もっとこっちきな」
ステフ「やめとく、わたしは危険だもん。だから嫌いなんでしょ?」
ジェシー「ステフ何いってんだ。お前を嫌うはずねえだろ」
ステフ「じゃあなんで、どなったり、つんけんしたり、ドアをぴしゃっとしめろなんていうの?」
ジェシー「自分自身が情けなくてワガママいった。お前を責めてたんじゃねえんだ。悪かったな」
ステフ「わたしのこと怒ってないの?」
ジェシー「あたりまえだよ。あんなもんはちっぽけなミスさ」
ジェシー「もう機嫌なおしたから大丈夫さ」

元のジェシーに戻ったことを喜ぶステフ
ジェシー「それよりうれしいことあるしなー」
ステフ「なに?」
ジェシー「おまえと一緒にいられることだ」
ステフ「おじさん腕骨折してよかった」
(そしてジェシーに抱き着くステフ)
ジェシー「抱き着いたのに全然痛くねえぞ」
ステフ「ほんとだ。疫病神じゃなくなった!」
ジェシー&ステフ「やったねー!」



Horton Hears a Who and Other Sounds of Dr. Seuss: Horton Hears a Who; Horton Hatches the Egg; Thidwick, the Big-Hearted Moose
ビューティーステファニーでジョーイが読んでいる本

音楽


Ring Around The Rosy
OP前にみんなでミシェルを囲んで歌っている曲
バラの花摘んだ ポケットいっぱい摘んだ
夢から覚めて おっこった


ヘルプ!
ジェシーが助けを求めた時に流れる曲

ミシェルとジェシーのやりとり
ミシェルに髪をとかしてもらうジェシー。
パパよりかっこいいか? 「いや」
トムクルーズよりいいか? 「いや」
何か起きたのにはそれなりの理由がある。そろそろ生き方を変えろってことかもしれねえ。今日から生き方を変えるぞ。 「うん」
手を振るミシェル

気になるところ
ビューティーステファニーで先客のジョーイが場所を移動。その時に足をテーブルにのせるんだけど、本の上に足をのせている。
ジェシーがオートポートを食べるところで、ダニーがミシェルにジェシーのことを任せて二階に上がるシーンがあるが、そのあとのシーンで階段に影が・・・

小ネタ
season1 第13話 姉さんはつらいよ! SISTERLY LOVEで登場した「オートポート」をジェシーが食べるシーンも。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする