season2 第3話 父の夢 息子の夢 It’s Not My Job

season2 第3話 父の夢 息子の夢 It’s Not My Job

ジェシーの両親がタナー家にやってきた。父ニックはジェシーに害虫駆除の仕事を継いで欲しいと願い、息子の将来の為に地固めしてきたのだが、ようやくCMソングライターとして売り出してきたジェシーはこれを機に独立したいと相談する。

サブキャラクター
リッパーズ(ゲイリーを含む5人)
歯科医
キャシーサントニ(初登場。名前のみ。ステフの虫歯の件でキミーが「口を針金で縛られてのどに穴をあけてたべてる」とたとえ話をする)
ニック・コクラン(初登場!ジェシーの父。ジェシーに27年前にはじめた害虫駆除会社の後を継いでもらうのが夢。昆虫界の天敵)
アイリーン・コクラン(ジェシーのママ。前回と別人?)
オズの魔法使いの臆病ライオン(ジョーイがステフに勇気を伝えるときのたとえ話で登場)
ホイットニーヒューストン(ミシェルの声をきいたおじいちゃんのたとえ)
シナトラ(ジェシーママが好きな歌手。ジェシーのポスター。フランシスアルバートの本名)

ポイント
OP前のストーリー。ハロウィン。
ステフはうさぎの着ぐるみ
D.J.はクレオパトラ(マドンナが良かったが下着姿だからだめ)
男3人は三バカトリオ?「ハロー、ハロー、ハロー、ハロー!」
ミシェルはパンプキン。「かぼちゃ」(ミシェルの誕生日の回想シーン)

ジョーイがジェシー&リッパーズのCMソングにレイ・チャールズ?の真似をしてハーモニカ演奏。
D.J.は虫歯がなかったが、ステフにはじめての虫歯が。歯医者が怖くて夢でうなされるステフ。
キミーがD.J.の宿題を丸写し。D.J.の名前まで。
シロアリのジャケットをきているニック(おじいちゃん)
ジェシーは、音楽で売れるまで害虫駆除の仕事をしていた。音楽の道を進むことを決めたジェシー、すると父に親子の縁をきるといわれ。ジェシー25歳。
おうまさんにのせてもらうミシェル。
D.J.はかつて「1歳だとまだ他人と同じ」ステフを排水溝に流そうとしたらしい。
アイガッチュベイビー(ミシェルの誕生日の回想シーン)
ジェシーママが大切に思ってるのは、マルチェロ・マストロヤンニとコクラン父子のどっちか。

ステフの虫歯について
ステフ「治さなくていいよね。どうせぬけるんだもん。乳歯だから」

ダニーとキミーのやり取り
ダニー「誰が来たと思う?」
キミー「おじさん」

ニックとキミーのやり取り
ニック「キミーまた宿題写しか?」
キミー「プロになれそう」

アイリーンにとってシナトラは・・・
アイリーン「やっとシナトラ(ポスター)をはったのね。私の神様なんだ」

母は強し
(ジェシーの相談)
アイリーン「何でも言いなさい。びくともしないわよ。超進んでるんだから」
ジェシー「CMソングが売れたことで、音楽でやっていける自信がついた。もううちの仕事はやりたくないんだ。オヤジ怒るかな?」
アイリーン「そりゃお父さんは後を継いでくれるのを昔から楽しみにしてたからね。けどあんたも、自分の夢を追う権利はあるんだし、話してみたら?ただし、じっくり、心を込めて。いい?」
ジェシー「わかった。ありがとう」

そこへニックが登場
ニック「おお、フランシスアルバートか。あれは歌手だぞ?おまえもわかってきたな」
ジェシー「ああ、まあね。音楽好きは親譲り。血は争えないよね」
ニック「音楽の発祥はギリシャだ」
アイリーン「完成させたのはイタリア人よね」

ニックと話し合うジェシー
ジェシー「俺、最近生き方をちょっと変えたんだ。俺もそろそろ人生設計を考える時だと思うんだ」
ニック「そうか、おまえもやっと父さんの右腕になってくれるか。こりゃ嬉しいや。夢がかなったよ」

(しかし、ジェシーは音楽の道へ進みたい)

ジェシー「親子だからって、なんで同じ仕事しないといけないんだ!」
(仕事の件でもめるジェシーとニック)
ジェシー「(害虫駆除の)仕事は辞める」
ニック「おまえのために築き上げた仕事だぞ?」
ジェシー「やりたくないんだよ。あの仕事は」
ニック「だったらやめろ」
ジェシー「ああ、やめるよ」
ニック「家の仕事つがないっていうんなら、親子の縁をきるからな」

絵本を読むダニー
ダニー「おやすみわんちゃん。おやすみ」
ダニー「おやすみねこちゃん。おやすみ」
ジェシー「ねずみ」
ミシェル「ねずみ」
ダニー「おやすみねずみちゃん」
ミシェル「おやすみパパ」

歯医者がおそろしいステフへジョーイのアドバイス
ジョーイ「一番大事なのは勇気。オズの魔法使いの臆病ライオン覚えてる?魔法使いから勇気をもらおうと思ってたけど、ほんとは自分でもってた。おじさんの場合は耳のここんとこね。おまえ(ステフ)の勇気は口の中だよ。(勇気のお団子)」
ステフ「これ口の中のアクセサリーかと思ってたよ」

ジェシーからニックへ
ジェシー「俺は仕事を継ぎたくないだけだ。縁を切るなんていわないでよ。頼むよ、父さん。オヤジをがっかりさせても自分の道を通すべきかどうかって。確かに俺は親不孝かもしれない。だからって縁を切ることはないと思う。俺は息子だよ」

ニックからジェシーへ
(ニックは自分の夢をつぶされてしまったが)
ニック「ま、一つ夢はつぶされたけど、おまえは違う夢をみさせてくれた。俺の思い通りの立派な男になってくれた。おまえの姉さんが死んで家族みんながつらい思いをしてるとき、おまえはこの家にきて家族の絆になってくれた。自分を犠牲にしてダニーの子育てを手伝ってくれた。これは誇りに思ってる」
ジェシー「ありがとう。でも俺はミュージシャンだし、そのことを誇りにしてほしいんだ。味方になってほしいんだ」
ニック「ま、音楽のことは諸手を挙げて賛成ってわけじゃないが、いつだってお前の見方だ。俺はおやじだぞ」

排水溝事件!?
D.J.「あたしもずっと昔子供の頃は、バスタブの排水溝に吸い込まれると思い込んでたのよ。だからあんた(ステフ)が1歳の時お風呂に入れて栓を抜いてみたの。でも吸い込まれなかったから安心したワケ」

小ネタ
ジェシーのお爺ちゃんであるパプーリの子供が、ニックかアイリーンかを考えてみた。パプーリはギリシャ人。音楽の話で、ニック「音楽の発祥はギリシャだ」アイリーン「完成させたのはイタリア人よね」という会話があるので、ニックがパプーリの息子だと考えられる。一方、アイリーンはアメリカ人だと思うんだけど、音楽のイタリア人推しと「マルチェロ・マストロヤンニ」もイタリア人であることを考えると、イタリア系なのかも。
※イタリア人ならIreneの読みはアイリーンではなくイレーネかな?

音楽
Splash City
ジェシー&リッパーズが演奏するCMソング
(スプラッシュシティという水のテーマパークのCMソング)
ワン・ツー・ワンツースリー
お日様ギラギラ真夏が僕らをよんでる飛び出そう(アウーワッワッ×2)
だけどビーチは遠いよだからここが僕らのパラダイス(アウーワッワッ ウー)
Do you wanna have fun? 
おいでよ~ スプラッシュシティ波しぶき
おいでよ~ スプラッシュシティ人魚になって
おいでよ~ スプラッシュシティ夢の中
おいでよ~ スプラッシュシティ夏だから
ウーウー ウ・ウ・ウ・ウ・ウーアー
(ジョーイ「僕もつれてって 遊びまくろう スプラッシュシティ こりゃまた失礼いたしました」)
スプラッシュシティ ウーアー♪


I Got You Babe
I Got You Babe / Sonny & Cher
「I Got You Babe」
ジェシーがギターで、ミシェルがおもちゃのギターで演奏しながら歌っている曲だと思う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする