season5 第5話 悪あがきジェシー The King and I

season5 第5話 悪あがきジェシー The King and I

タナー家は親戚一同との親睦キャンプの準備で大忙し。 しかしレコード会社に曲次第で契約すると言われたジェシーは新曲作りに没頭し、キャンプには行かないと言い出す。 ひとりになってもいい曲が出来ないジェシーは気晴らしに出かけ、そこでエルヴィス・プレスリーそっくりの男に遭遇する。

サブキャラクター
ベンアンドリュース(D.J.がカッコイイと思っている男の子)
エリック(ステフの知り合い。電話相手)
エルヴィス・プレスリーのそっくりさん(センキューセンキューベイビーというセリフがジョンレノンと似ているらしい。ノンオイルの芽キャベツサラダを注文していろいろなスパイスやソースをトッピング。ジェシーにアドバイスをする。声は屋良有作
フィリスおばさん(名前のみ。パイの早食い競争で優勝。ジョーイが負けた相手)

ポイント
OP前のストーリーなし。

ベッキーは大卒(天才ハトが卒業した大学と同じ)。
週末親睦キャンプでの組み合わせを発表。
風船リレー・・・ジェシー&ミシェル
二人三脚・・・D.J.&ステフ
パイの早食い競争・・・ジョーイ&ベッキー
去年のキャンプで唯一優勝したジョーイ
模擬戦として、ジョーイとベッキーがブルーベリーパイの早食い競争をするとベッキーが勝つ。ジョーイの言い訳は、おなかの子を合わせて3人対1だから。
タナー家は「ベイエリアタナーズ(bay area tanners)」というTシャツを着用。
ミシェルの「だぁ」が登場。
親睦回は、風船リレーと二人三脚の2つで優勝。
コメットは紐がつけられていてD.J.がもっている。
キミーの足の臭いはスカンク級!

タナー一家の親睦キャンプに参加しようとするキミー
キミー「どちらさんもお揃いですね~。荷物は車に積んだしいつでも出発OKよ」
(ダニーが「きみはタナー一家じゃない」というと)
キミー「あたしもタナー一家だよ。うちの親がいつもそういってるもん」

(ジェシーが作曲のため行かないと言い出すと、車に空きができたので)
キミー「物事はいい方向に考えなきゃ!これであたしがいけるじゃない」

キングのアドバイス
キング「本当に成功したきゃ、いい親父になること、いい亭主になるこった」

ジョーイのモノマネ
タズマニアンデビル

音楽
(ジェシーが作曲中のうた)
この三日前のピザのかけら
ジョーイにあげよう なんでも食べる

昔カメとアヒルが~
(ミシェル「おいたんわたしいいこと考えた。カメとアヒルのこと歌にするの」をヒントに作曲)


She’ll Be Coming Round The Mountain
あの子が来たらチキン食べよう(替え歌)。season6 第1話 とんだ海外旅行 Come Fly With Me の飛行機内でミシェル達が「ヒーハー!」と歌っていた曲と同じ。


Five Little Speckled Frogs
ミシェルが歌うカエルの歌

Give a Little More Love/Jesse & The Rippers
(ジェシーが最後に演奏する曲)
道を見失い 闇の中で泣き叫んでも
誰も答えない 強がってみても 
真実はただ一つ 変わらない
ほんの少しの愛があれば ぼくらは強くなれる
笑顔で手をつなごうそれが 明日に幸せ運ぶ
wow wow 僕らの夢のために Give a Little More Love(ウーウーウーウー)

笑顔で手をつなごうそれが 明日に幸せを運んでくれるんだ
wow wow 僕らの夢のために Give a Little More Love
これっきゃない Give a Little More Love
平和と希望と魔法と世界のために Give a Little More Love(Love Love)

ちょっと気になる
最後に演奏しているのは、ジェシー&リッパーズだと思うけど、いつものリーダーらしき人はいない?髭の人かな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする