season5 第3話 ひとり部屋獲得作戦 Take My Sister, Please

season5 第3話 ひとり部屋獲得作戦 Take My Sister, Please

今までのミシェルの部屋を明け渡し、高校生になったD.J.にひとり部屋が与えられることになった。 しかしステフは赤ちゃんのようなミシェルと同じ部屋になるのはイヤだと主張し、気を悪くしたミシェルは部屋を出ようとしない。 ステフはふたりに嫌われたと思い、荷物をまとめてバスルームに移り住む。

サブキャラクター
リック(D.J.のボーイフレンド候補。ステフ曰く「ステキなリック、憧れのリック、かっこいいリック、わたしの大事なリック」。D.J.がデートに誘ってもらうつもりがステフがスリルマウンテンの回転木馬で吐いた話をしたせいで駄目になる)
リサグリーン(母親教室の先生。独身。ダニーとジョーイが奪い合うもジョーイの勝ち)
母親教室の生徒(ジェシー&ベッキーを含む男女6人ずつ)
ジェファーソン(宿題の教材のキャラクター。クリーニング屋さんで、妻はどけちのウイージー)

ポイント
OP前のストーリーは、しゃっくりがでるミシェルをジェシーが治療する話。しゃっくりの対処法だと言って、両手をばたばたさせたり目をぐるぐる回させたりとからかったり、「たーまんねぇ~」と言わせたり。そして、医学雑誌に載っていた最新の方法だといって、後ろから「わっ」と驚かすと、「そういうことしちゃいけないんだよ」とダニーに報告しようとする。

ミシェルは4歳と9ヶ月。
キミーは週末旅行に行くらしい。
スリルマウンテンに新しいジェットコースターができるらしい。(D.J.はかつてホットドッグの食べ過ぎで回転木馬にのって吐いたことがある)
ジェシーがベッキーのために買ってきたポテトの山をミシェルが発見。開けようとするもがきんちょガードパックで開けられない。その後コメットに開けさせようとするが、わんちゃんガードで開けられない!!!
D.J.とミシェルが部屋を入れ替わりD.J.はミシェルの部屋へ。ミシェルに嫌がられたステフはバスルーム兼トイレへこもる。ミシェルはステフのがきんちょ扱いが気に入らない。ステフ「がきんちょ」ミシェル「そういう言い方やめてよね、クソガキ」
ミシェルのはじめての「だぁ~」が登場。

リックとのデートを邪魔されたD.J.
D.J.「あんた(ステフ)なんかいらないわよ」
D.J.「妹なんてもううんざり」

その後、レポートをもってダニー達に部屋替えを訴えるD.J.
D.J.「自分の部屋、みんなの力で実現しよう」
妨害・・・宿題もできない、友達とゆっくり話もできない
二つの違う世界・・・高校(成熟した世界)と小学校(未熟の世界)
不思議な偶然の一致・・・ステフとミシェルの年齢は、D.J.とステフが部屋を共有しはじめた時の年齢と同じ

このプレゼンが認められD.J.は一人部屋に。ステフとミシェルは同じ部屋へ。しかし、ステフはミシェルに嫌がられバスルームへ・・・
ステフ「だって、他にいくとこないんだもん。お姉ちゃんもミシェルも嫌だっていうし・・・」

(D.J.と離れ離れになるのがイヤなステフ)
D.J.「変わらないことが一つある。あたしはあんたのお姉ちゃんだし、大事に思ってるってこと」

(あとはミシェルのご機嫌をとるだけ)
ステフ「一緒になったらクッキーいっぱいあげるから」
ミシェル「いいよ」

ジョーイのモノマネ
恐竜家族
ダフィー・ダック
グーフィー

ダニーのモノマネ
トム(トムとジェリー)
ダニー「おい、あっちいけよこのドラ猫」
(トムだよ、トムとジェリーのネズミのほう)

ジョーイのデートの誘い文句
ジョーイ「たまにはピザなんて食べに行かない?」

ジョーイの謎の知識
ケネディ大統領の秘書はリンカーンという名前で、リンカーン大統領の秘書はケネディなんだよね

天才コメット
ポテトの袋を破るのを手伝う
(ワンちゃんガードもしてある)

気になるところ
ステフは右腕に腕時計を付けている。D.J.の話を5分だけ聞いてあげるというが、1分くらいしかたっていないのに、4分経過と時間の流れがはやい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする