season4 第6話 ジェシーの暴力講座 A Pinch for a Pinch

season4 第6話 ジェシーの暴力講座 A Pinch for a Pinch

ミシェルの幼稚園の手伝いに行ったジェシーは、ミシェルが同じクラスのアーロンにいじめられているのを知り、やられたらやり返せと教える。アーロンにつねられたミシェルはつねり返し、マニング先生に暴力はいけないと諭されるが、ジェシーは正当防衛だと言い張り、聞く耳を持たない。

サブキャラクター
マニング先生(ミシェルの幼稚園の先生)
アーロン(ミシェルの同級生。意地悪。声は林原めぐみ

ポイント
OP前のストーリーは、ハウスホッケーをするミシェルとジョーイ。コメットはヘルメットをかぶっている。ミシェルはダメだというけど、「今は平気、パパはいないもん」とジョーイ。「いけないんだよ、でもそういうの大好き」とミシェル。名ゴールキーパーのジョーイ。「ジョーダンじゃアルマーニは突破できねぇぜ!」と余裕でキーパーをしているジョーイに対して、「パパが帰ってきた」とミシェル。ジョーイが気をとられている間に、ミシェルがシュート!「やったー。ど真ん中だもんねー!」

コメットに新聞の運び方を教えるダニー。今日のおはようサンフランシスコのテーマはパスタサラダの特集(※後でジョーイが歯医者から帰ってきた時にベッキーとダニーが食べているのがこのパスタサラダ)
朝ごはんにリンゴのキャンディーを食べるジョーイ。べたべたで虫歯につめたものがとれたらしい。歯医者に行くので代わりにジェシーにミシェルの幼稚園の手伝いを頼む。
ステフはやぎ座。マダムキミーの星占いを信じるステフ。ダニーはミシェルをハーバードの法科に進ませて優秀な裁判官にしようとしていた。ミシェルとジェシーが過ちに気付き成長する回。
幼稚園でクッキーを配るジェシー。ゾウはミシェル。ラクダはアーロン。しかし、ミシェルのゾウのクッキーをアーロンに取られたのでジェシーに言うと「やられたらやり返すんだ」とアドバイス。「そうこなくっちゃ」とミシェル。
ジョーイは歯医者に行ってきた。
ジェシーと動物園に行ったミシェルは、ライオン・トラ・熊・ラクダを観てきた。
ミシェルは左利き。

ジェシーに幼稚園の手伝いをお願いするミシェルとジョーイの作戦
ジョーイ「もしジェシーおじさんが幼稚園いっしょにってくれたどう思う」
ミシェル「そしたらわたしは世界一幸せだなと思います」
ジョーイ「もしジェシーおじさんがいっしょにいってくれなかったらどう思う」
ミシェル「そしたらわたしは世界一悲しいなと思います」
ジェシー「ジョーイに頼まれたからいってるんだろ」
ミシェル「おいたんを好きだからだよ」
※おいたんをだますのは簡単だね~

マダムキミーの星占い
1.ステフ(やぎ座)
朝は幸先がいいでしょう
午後は思わぬ嫌なことに出会うでしょう
そしてうちのなかで誤解が生じるでしょう
闇が訪れたら注意しなさい
2.キミー
お金で大ドジ踏みます
3.D.J.
変なアクセントでしゃべるでしょう

先生の教え
「人をつねったらいけません」
「仕返しは喧嘩の解決にならないわ」
「暴力では何も解決しないということも学ぶべきよ」

ジェシーの考え
「目には目を」・・・身を守る方法を教えたかった
その後、自分の考えの過ちに気付いたジェシー。
「言葉で解決しろって言わなければいけなかったんだ」

来週の社説?(D.J.)
「遅刻、我々が遅いのか。それとも授業が始まるのが早いのか」

音楽


The Farmer’s in His Den 田んぼの中の一軒家(谷間の農夫)
幼稚園でジェシーがギターで演奏する曲
ファーマーって名前の猫の歌
めちゃめちゃへんてこで騒々しい谷に住んでるらしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする