season8 第12話 D.J.愛の選択 D.J.’s Choice

season8 第12話 D.J.愛の選択 D.J.’s Choice

突然バイパーがD.J.に別れを切り出す。たまたま遊びに来ていた元ボーイフレンドのネルソンはD.J.を優しく慰め、それをきっかけに二人は急接近。ところが数日後、バイパーは、やはりD.J.が忘れられないのでもう一度付き合って欲しいと言いだす。ネルソンも引かず、二人はD.J.の取り合いを始める。

サブキャラクター
バイパー(突然D.J.に別れを告げる。ジェシーのバンドでギター担当)
ネルソン(元ボーイフレンド)
市役所の人(公園の件でダニーが電話をした相手。同じようなところが65か所あるらしい)
ご近所さん(公園を一緒に修理する)
ワイパー(ネルソンがわざとバイパーのことを呼ぶ名前)

スペシャルゲスト
フランキー・ヴァリ(フォー・シーズンズのリード・ヴォーカル)

ポイント
OP前のストーリーは、ミシェルが双子にブランコを揺らす方法を教える回。「私の真似して」とミシェル。ミシェルが鼻を触ると双子も触る。「全部真似しなくていいの。足の動かし方だけ」とミシェル。その後足の動かし方を双子に教えるが・・・。テーブルの上なので動くはずもなく。「だけど全然ゆれてないじゃん」「何もわかってないね」と無邪気な双子。(本編で遊園地(公園)に行く伏線)

ネルソンとキミーが仲良くなっていて、ステフに「相当目が悪いのね、こんな大金持ちの息子がキミーを選ぶなんてさ」と言われると、ネルソン「まさか、ただの友達さ」というが、キミーは「私はもうちょいつっこん関係だと思ってるけどね。例えば夫と妻とか」と結構アグレッシブ。
パイナップルチーズケーキを冷蔵庫で見つけて食べ始めるキミー。1分2秒で食べきった。キミーはパイの早食いで毎年優勝しているらしい。しかし、今年は審査委員を買収して、早食い競争の資格がなくなった。キミーママはフリスピーを丸ごと飲み込むらしい。
なぜか急にD.J.に別れを告げるバイパー。
牛乳瓶700ドル分撃ってD.J.に人形をプレゼントするネルソン。
公園にブランコを乗りに行くダニーとベッキー。そしてミシェルと双子。しかし、公園は破壊されていた!他にも65カ所も同じような状態なので、順番待ち。そこで近所の人たちと一緒に自分たちで修理することに。※公園のことを遊園地と言っている。
ダニーは、フランキー・ヴァリにヘルメットにサインをしてもらう。

ネルソンのいいところ(ステフ曰く)
ステフ「札束をつめたソファーって感じ?」
ステフ「まずあの繊細さでしょやさしさでしょそれとビーチの別荘かな」

キミー語録
キミー「ハイD.J.、アンドジャリンコ」
キミー「新旧のボーイフレンドがご対面か~、ドラマだったらトイレにたてないね!」
キミー「遺伝だね。ママなんかすごいよ?クリスピー丸ごと飲み込むんだから!」

ネルソンとのデートの待ち合わせにバイパーが現れて・・・
ネルソン「君はどこにも行かないんだから、掃除でもしてろ。バイト料払うから」
(※そしてそのままD.J.が帰宅するまで待っているネルソン)

キスをしているバイパーとD.J.を目撃するネルソン
D.J.「違うの、そうじゃないの」
ネルソン「よかった。てっきりキスをしてるのかと思ったよ」
D.J.「バイパーが私のために歌をうたってくれたの」
ネルソン「口をくっつけたまま歌うワケ?」

アイテム
コクラン家に代々伝わるトンカチ・・・ジェシーのひいじいさんがギリシャに家を建てた時に使ったらしい

この回は「最後」まで目が離せない!

気になるところ
今回、ネルソンとデートから帰ってきたD.J.のシーンで家の前が映るんだけど、扉の横の電灯の下には「1892」と書いている。
(※住所はジェラード街1882)

音楽
ワイパーの作詞作曲
D.J.何を言えばいいの
きみの心取り戻すには
ひたすら座ってきみだけを思って祈る
(※喧嘩した後の自作のうたはジェシーと同じ思考)


Can’t Take My Eyes Off You
Frankie Valli Can’t Take My Eyes Off You
ネルソンがお金の力でD.J.に愛の歌をプレゼントした曲

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする