season7 第3話 恥は笑いとばそう Wrong-Way Tanner

season7 第3話 恥は笑いとばそう Wrong-Way Tanner

ジョーイのコーチで、ミシェルのサッカーチームが試合をすることになった。D.J.もステフもスポーツ万能だったため、ダニーはミシェルにも期待して特訓する。しかしプレッシャーを感じたミシェルは間違えて味方のゴールにボールを入れてしまい、チームは負けてしまう。

サブキャラクター
アーロン(背番号4)
デレク(背番号1。ゴールキーパーって女の子にすごくもてるんでしょとゴールキーパーを希望する)
子供たちは全部で9人(ミシェル、アーロン、デレク含む)
デレクの父(会話上のみ。オウンゴールで負けたことにショックを受けているらしい)

ポイント
OP前のストーリーは、ジェシー達が各々演奏する。ジェシーはギターでルイルイの曲。ジョーイはハーモニカ。双子はおもちゃのギターで演奏。「ロックンロール」

今回はサッカー回。
監督はジョーイ。
ステフはビデオでドキュメント映画を撮影中。タイトルは「タナー家の一日」
ダニーはケースに番号を振って管理しているらしい。
左足でボールをけるミシェル。靴がとんでいく。
D.J.もステフもダニーに似て?スポーツが得意だったらしいがミシェルは下手みたい。庭で練習する時は、右足でボールをけるミシェル。
キミーは害虫地獄という虫取り装置を90ドルで購入。ダニーが蹴ったボールで壊したので、新しい害虫駆除代を請求する。
ジェシーは、父親がジェシーを野球選手にしたくて必死だったけどジェシーは恐怖だったらしく、野球が嫌いになったらしい。審判をみると急に腹が減るという体質に。
ミシェルは背番号2。
「あいて、あいて・・・」とミシェルは足を負傷?
土曜日にバジャーと再試合。

ひねくれアーロンの一言
アーロン「試合終わったらピザおごってくれないよね。超ケチだもんね」

ジョーイのモノマネ
長嶋茂雄「まぁひとつの~、メイクドラマ、永遠に不滅ですから」

キミー対ダニー
キミー「そこのおっちゃん!今日からはうるさい厄介者とおさらばできるよ」
ダニー「引っ越すの?」
キミー「違う」

優しいジョーイの一言
「今日お前はミスしたけど、頑張って今日の分を取り戻そうよ」

ステフのビデオの内容「タナー家の一日」→「恥はかき捨て」(タイトル変更)
ジョーイの鼻毛?シーン
D.J.とスティーブのセーターの毛糸がほどけるシーン(チェーンがセーターに引っかかった)
※腕だけになったのでスティーブのおふくろがレッグウォーマーとして使用
ベッキーのバッドボーイズをうたっているシーン
※ジョントラボルタも真っ青らしい
ジェシーが鏡の前で髪の毛に話しかけるシーン
ダニーがボールを蹴ってキミーの害虫地獄を壊すシーン
コメットに餌をやるステフが、おもちゃのポークを見せると襲われるシーン
※ステフの顔をぺろぺろ舐めるコメット
ミシェルのオウンゴールのシーン
※「でも靴は脱げなかったよ」ミシェル

元気を出したミシェル
ミシェル「私はゴールを間違えただけだもん。髪の毛に話しかけるよりいいや」

気になるところ
アーロンの上記のセリフの後に、ジョーイに画面がうつった時左上に音響機材の一部がうつりこむ。
ミシェルの靴がとんでいったけど、まだ靴紐結べないのかな?
ミシェルがオウンゴールをしたシーン、実際のシーンとビデオのシーンが変更されている。

音楽

Louie Louie
ジェシーがOPで歌っている曲。
season3 第9話 ア・ブ・ナ・イ・男 Dr. Dare Rides Againでも登場


Bad Boys (Theme From Cops) [Original Version]
ベッキーが双子たちに歌っている曲

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする