season1 第17話 パパのロマンス DANNY’S VERY FIRST DATE

season1 第17話 パパのロマンス DANNY’S VERY FIRST DATE

ステファニーの友達の母親リンダは離婚して今は子供達を集めて奉仕活動しているが、彼女にちょっと気があるダニーはジェシーやジョーイに焚き付けられて初めてデートに誘う。ところがこれを知ったD.J.は何かと理由をつけてデートを阻止しようとする。ジェシーとジョーイにハッパをかけられるも、その気持ちは揺れ動く。

サブキャラクター
リンダ・ストラットン(ミツバチママ。美人で離婚したて。ジュリーのママ)
ジュリー(リンダの娘。ダニーがミツバチを3本予約)
マニー(ダニーの双子の弟という設定。性格が悪い。後の話(season5 第1話 ダブル・トラブル Double Trouble)でも登場)
ジェシーのママ(ミシェルにおもちゃの家のプレゼントを送ってきた)
名誉女王蜂(ジョーイ)
ミツバチ界の伝説の人(D.J.。ミツバチクラブの先輩。725本のミツバチを売った。内112本はダニーが購入)

ポイント
ミツバチを一番売った人には自転車がもらえる。
パメラが亡くなって1年。ダニーはパメラを卒業パーティーに誘って以来デートをしていない。ジョーイがダニーの恋のまとめ役。
ダニーはステフから17本ミツバチを購入。D.J.の時は112本購入した。
リンダをデートに誘おうともじもじしていると、展覧会の切符が2枚あり、夕食もリンダのおごりでデートが決定。お迎えは7時。
ダニーの鼻をさわるミシェル。
ステフにデートのことを言いにくそうにしていると、はちみつを2本+4本追加して購入することに。
再びジェシーがジョゼフと呼ぶシーンも。ダニーをダニエルと呼ぶシーンも。
ジョーイは6つの時に両親が離婚。おばあちゃんがきて頬っぺたをつねられた。
産まれてはじめて頭痛がしたステフ。
ダニーがはじめて愛した人がパメラ。
ミシェルは新しいおうちのおもちゃよりもおしゃぶりタオルを選ぶ。

ミツバチクラブへのD.J.のアドバイス
D.J.「はちみつを売るには羽をすり減らす覚悟がいります」

ジョーイは恋のまとめ役として活躍!?
ジョーイ「これでも女を動かす陰の男といわれてんだよ」
ジェシー「表に出ると逃げ出すもんな~」

D.J.がステフにはちみつウリの方法を伝授
D.J.「わたしステファニータナーです。めぐまれないこどもためにお金をあつめています。このはちみつは税金も控除されるんですよ。とってもお得なお買い物でしょ?」
ステフ「こんにちは。このはちみつは税金がパーなんです。ハッピーバースデー!」

ダニーのデートで不安になるD.J.
(D.J.と一緒に不安になるステフ)
ステフ「ジュリーのママが新しいママになるの?」
ダニー「別にデートをしたからって結婚はしないんだよ」
ステフ「わかんない。なんかよくわかんない」
(そんな娘たちの言葉でデートを止めることを決意するダニー)
ダニー「デートはやめてお前たちと一緒にいることにするよ、死ぬまでずっと」

ダニーがデートすることがダニーのためになることを知るD.J.とステフ
D.J.「大事な人のこと忘れてるんじゃない?」
ステフ「だれ?」
D.J.「ママ」
ステフ「ママ?ママがどうしたの?」
D.J.「パパがデートなんかしたらママ悲しむんじゃないかと思って」
ステフ「そっか、かんがえもしなかったよ。ママが悲しむのはやだし、パパがかなしむのもやだな。私たちが悲しいのもやだし、難しいもんだいだね。うまれてはじめて頭痛がしてきた」

ダニーの部屋
奥に扉がある。ベランダ?
クローゼットの位置も窓際にある。後の回の壁に穴をあけた回と構造が違う。その回では、窓際のクローゼットのところにはタンスがあった。

リンダの家の電話番号
555-8713

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする