season6 第1話 とんだ海外旅行 Come Fly With Me

スペインでホームステイしていたD.J.が2ヶ月ぶりに帰国する。「びっくりさせることがある」という手紙が届き、タナー家の面々はお土産を期待して空港まで迎えに行く。ステフとミシェルが空港で出会った国際少年聖歌隊の一行を見送ろうと機内に入った途端、飛行機はニュージーランドに向けて離陸してしまう。

サブキャラクター
アイダおばさん(双子を預ける。双子の前髪を切ろうとする。電話相手)
メアリーチェチンスキー(ジョーイがビーチで出会ったステキな女性。髪は長くてブロンド)
メアリーチェチンスキー?(電話相手。別人。ブルーのショートヘアー。86歳で独身)
スティーブ(D.J.の恋人。D.J.より年上でレスリングをやっている。趣味はリサイクル。今回からメインキャラ)
テリー(国際少年聖歌隊の一員)
ペンを拾ってくれた女性(ジェシーがサインだと勘違いすると、ペンをそのまま持っていく。ジェシーのペンだった)
スージー(オークランド行きのスチュワーデス)
ロバータ(先月ジェシー&リッパーズのボイズホールでのコンサートをみたらしい。カメラをもっていたので、ジェシーが強引に一緒に撮影。逃げていく)

ポイント
OP前のストーリーは、ジェシーが双子の髪を切らないと宣言。

ジェシーのフォーエバーのホットシングルベスト100のチャートは、先週68位から99位へランクダウン。
夏季キャンプでママと呼ばれたステフ。
D.J.はスペインを発って13時間と7分。あと1時間で到着予定。
ミシェルはD.J.からの手紙はD.J.しか読めない。
空港名は、サンフランシスコインターナショナルエアポート。
キミー、ロミオとジュリエット(スティーブとD.J.)が帰国。
D.J.は16歳。
ミシェルの「だぁ」
オークランド行きの飛行機。湾の向こうかと思っていたらニュージーランドだった。オークランド空港まで14時間。往復28時間。
飛行機のイヤホンは誰が使ったかわからないから使わないダニー。
コーヒーを飲むようになったD.J.。スペインではカフェコンレチェという。
ダニーは21歳までママのチョコレートミルクを飲んでいた。チョコレートミルクが体にいいとD.J.に熱弁するダニー。
ミシェルとステフがニュージーランド行きの飛行機に乗ってパニックになるダニー。
クマタロウはベッドにいた。
ステフのオークランドのお土産?はスノードーム。

キミーも一緒に帰国
タナー家の車に乗せてもらって、途中で夕飯もご馳走してもらえと親に言われているらしい。
キミー「わたしロブスターずっと食べてないのよ。うまれてから」

D.J.とスティーブが付き合うことに!?
キミー「Mr.T、やぼなこときかないの」
付き合うっていうのは、手を握るだけの仲じゃないってこと、とキミー。

ジョーイのモノマネ
ゴッドファーザー
タズマニアンデビル

飛行機内でのあいさつ
ステフ「ステファニータナー、USAです」
ミシェル「ミシェルタナー、シーエーティー(CAT)です」

再び犯罪回!?
切符無しで飛行機に乗ったらどうなるか・・・密航者だから重大な犯罪。刑務所に死ぬまでぶちこまれるらしい

ダニー「道の向こうを渡るのもパパの許可がいるのに」
この言葉は、S8-1への伏線。コメットを散歩に連れて行ったミシェル。コメットが暴走して道を渡ってしまった時、ミシェルはこのルールのため道を渡れなかった。

気になるところ
スティーブのことを「スティーブは覚えてるでしょ?去年デートしたことあるじゃない」とD.J.が説明すると「まあね」とみんなが答えるけど、S5-14のD.J.の良心の回では、ステフとミシェル以外誰もスティーブに会っていないはずなのに、スティーブのことをちゃんとダニー達全員に説明していたのかな?
ジェシーが女性ファンと話している時に後ろにいた男の人が、ミシェル達がニュージーランドから帰ってきた時に一緒に出てきた!?

音楽

She’ll Be Coming Round The Mountain
飛行機内でミシェルが歌う曲(ミシェルの替え歌バージョン)
「あのこは馬車にのってくる、ヒーハー」
その後、ステフが永久外出禁止とミシェルに言うと
「あのこは永久外出禁止、ヒーハー」
この歌のシーンは何度見ても笑ってしまう。ミシェルの適応力がすごい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする